結婚生活を始める場合に避けたい性格

結婚生活を始める場合に避けたい性格 結婚生活を始める場合の相手の避けたい性格ということでは、目的がお互いを見つめ合うことから、その後お互いで同じ方向を目指して進むということなので、それらに反する内容の相手の場合には、将来に不安が残るということになります。具体的には自分のことしか考えないで、常に自分のことを優先する性格があります。これでは主人と召使、主人と奴隷になってしまいます。女性の男性に対する見方としては、相手をもっと理想的な男性と比較する場合です。地位や収入を比較されてはきりがないですし、女性の傍にはいたくなくなります。その気持ちが強い場合には、結婚前に修復が可能かどうか自分の胸に聞いてみる必要があります。お互いが不幸になってしまいます。

また、お金に関しても浪費家や倹約家の度が過ぎる場合には、生活自体が難しくなります。長所も度が過ぎると短所よりもひどくなります。倹約家は良さそうですが、ドケチという言葉もあるように、使うべきところで使えない人は幸せにはなれません。また度が過ぎるということでは、頑固で相手に譲れない人は苦労します。夫婦は一心同体ですので、お互いの評価が共通の評価になります。例えば一方が犯罪を犯せば、一緒に苦しむことから見てもわかります。すべてが完璧な人はいませんが、欠点の度が過ぎているかどうかは判断ができます。